不良品を減らし、顧客満足を追求する企業とするために、企業内の取り組みを徹底していきます。ISOを取得したことによって何が変わるのかと言えば、それは企業の方針が明確化されたことによって、従業員の意識もより明確化されていくことです。

ISO規格を順守するために、企業内では、明確なルールを設定します。そして、そのルールを順守し、ルールが守られているかをチェックし、守られていない箇所、不十分な箇所を改善します。
この、ルールの設定、ルールの順守、ルールのチェック、改善の実行を、ひとまとめにしてPDCAと言います。ISO規格を順守する企業に近づけるために、このPDCAは基本中の基本でありながら、徹底して行われて行く必要のあるものです。

しかし、このPDCAの内容については、ISO規格が厳格に規定されているものではありません。つまり、ISO規格を遵守するために、何をしなければならない、とは定められていないのです。
PDCAの内情については、各企業が、それぞれの業務形態を考慮しながら、独自に決めていくものです。何をすれば達成できるのかを考える必要があります。

その結果、ISO規格に適う企業であるかどうかの判定は、ISO審査機関が行います。第三者の審査に合格するようであれば、その企業は、世界的な標準を満たしている、と客観的に判断され、信頼を得やすくなるのです。